風俗の種類について徹底解説!

風俗には様々な種類があります。あまり知識がない方でも、

ソープランド=お風呂屋さん
デリヘル=女の子が部屋に来る

みたいな感じで、なんとなくご理解している方が多いと思います。

ですが、デリヘルとホテヘルの違いなど、風俗の細かい種類の違いについてあまり詳しくない方は非常に多いです。

今回は風俗の種類について解説していきます。

風俗の種類について

風俗は大きく分けて8つに分けられます。

風俗の種類 サービス内容 料金
ソープランド 入浴、洗体、マットプレイ(ないお店もある)、キス、フェラチオ、全身リップ、指入れ、シックスナイン、セックス 60分10,000円(激安)20000円~30000円(大衆)
120分60000~100000円(高級)
デリヘル キス、フェラチオ、全身リップ、シックスナイン、素股、指入れなど(お店によって大きくサービス内容が異なる) 30分5000円~10000円程度(激安)
60分15000円~18000円(大衆)
60分24000円以上(高級)
ホテヘル キス、フェラチオ、全身リップ、シックスナイン、素股、指入れなど 50~60分15000円程度
店舗型ヘルス マットプレイ(ないお店もある)キス、フェラチオ、全身リップ、シックスナイン、素股、指入れなど 40分1万円前後
風俗エステ マッサージ、手コキ、ソフトタッチ(ないお店もある)※オプションでその他のサービスがある場合もある 60分15000円程度
ピンサロ フェラ、キス、ボディタッチ、指入れ(女の子やお店によって異なる) 30分4000~8000円
オナクラ・手コキ 手コキ、乳首なめ、唾垂らしなど(手コキ以外はオプションであることが多い) 30分3000~60分12000円
SMクラブ デリヘルに準ずるが様々なオプションがある 60分20000程度
M性感 前立腺マッサージ、手コキ(お店によってデリヘルサービスがあるところもあり) 60分15000円程度

サービス内容はお店によって大きく異なりますが、ざっくり表すとこんな漢字です。風俗の種類によって料金は大体同じですが、オプション料金などを加味するとバラツキはあるでしょう。

また、法律的には風俗ではないけど、世間一般でいうと風俗に分類される業種もあります。

たとえばメンズエステやおっパブ、セクキャバなどです。

これらは広い定義では風俗に分類されますが、お客さんを射精させることはないため、ソープランドなど狭義の「風俗」とははっきりとした差異があります。

それらに関してはまた別の記事で解説します。

風俗を業種別に紹介!

それでは、風俗を業種別に軽く紹介していきます。

ソープランド

ソープランドは風俗の王様と呼ばれています。唯一本番セックスができる風俗店ですが、法的には浴場になっているためおおっぴらにセックスできると宣伝できません。このため、サイトを見ても控えめに宣伝されているため一見さんにはなんのことだかわからないと思います。

また、料金も浴場という手前になっているため入浴料とサービス料に別れているお店も多いです。総額料金表示してあるお店もありますが、入浴料だけを見てお店に入って後からサービス料を請求されて真っ青になるようなことも昔は合ったのでしょうが今は殆ど無いでしょう笑

ソープランドの料金はすべての風俗の中で一番高いですが、マットプレイを始め中級店~高級店では即尺~即アナル舐めなど他の風俗ではなかなか味わえない濃厚サービスを受けることが出来ます。

デリヘル

デリヘルはホテルや自宅からお客さんがお店に電話して、女の子を派遣してもらう風俗店です。無店舗型風俗店と呼ばれていますが、ソープランドと違ってデリヘルは本番セックスが許可されていません。

そのため、素股やシックスナインなどでフィニッシュします。料金の相場は格安・人妻デリヘルなら1万円前後、普通の若い子が出てくるデリヘルは15000円~2万円程度です。

また、デリヘルは種類が非常に多くお店によってサービスが大きく異なります。

現役AV女優や芸能人が在籍する高級デリヘルやフェチ、マニア向けのデリヘルなど様々な種類があります。

一概にプレイ内容や流れなどを説明するのが非常に難しい業種です。

ホテヘル

ホテヘルはデリヘルと同じ無店舗型風俗ですが、受付所があるという点のみが異なります。

受付所でパネルを見て女の子を指名できたり、スタッフのおすすめなどを聞くことができるというメリットがあります。

また、ホテヘルには待合室もあるのでデリヘルのようにホテルで待機することもありません。

さらに、ホテヘルは自宅や遠方のホテルに女の子を派遣することはできません。受付所の近くにあるホテルでしか遊べないことがほとんどです。

ですが、スタッフからホテルの使い方などを丁寧に教えてくれるので、ラブホテルに行くのに慣れていない方やデリヘルを使うのが面倒くさい方にはおすすめです。

ちなみにホテヘルは高級ホテヘルやマニア向けホテヘルというものは殆どありません。値段も均一でデリヘルで言うところの大衆店がほとんどです。

店舗型ヘルス

店舗型ヘルスは別名ファッションヘルス、箱ヘルなどと呼ばれている店舗型風俗。

一言でいうと本番がないソープランドのようなものです。マットヘルスと言って、本番無しでマットプレイが楽しめるものや、嬢と一緒に入浴できるなどほぼソープランドのようなお店もあります。

30分コースなど短時間サービスのお店の場合はベッドプレイのみでデリヘルとほぼ変わらないお店もあります。

料金はごく一部の高級店を除いて40分1万円前後と安価なことが多いです。

ピンサロ

ピンサロは繁華街の雑居ビルなどで営業している店舗型風俗店です。仕切り付きソファや、漫画喫茶のようなフラットシートなどの半個室などでプレイします。

部屋は薄暗く、音楽が流れていて他のお客さんの顔が見えないようになっています。この狭いプレイルームでひたすらフェラチオしてもらうのがピンクサロンのサービス内容です。

料金は数千円と非常に安価ですが、実際ヌクだけならこれだけで満足してしまう男性も非常に多いため1日に数百人以上が訪れる人気ピンサロもあります。

ただ、部屋が狭くてプレイ時間も30分程度と非常に短いためサービス内容があまり充実していないのが難点。濃厚サービスをお求めならピンサロではなくソープやヘルスに行ったほうがいいでしょう。

風俗エステ

風俗エステは別名性感マッサージ、回春エステなどと呼ばれています。本来は男性の勃起力を高めるためのリンパマッサージ、性器マッサージがメインだったのですが、今は普通のマッサージのあとで手コキで気持ちよく射精させる風俗エステがほとんどです。ただ、お店によっては睾丸マッサージなどの勃起力増強プレイを盛り込んでいるところもあります。

料金はマッサージがあるため他の業種より高めです。

オナクラ・手コキ

オナクラ・手コキは文字通り手コキのみしかサービスがない風俗の種類です。ピンサロと違ってフェラチオやキスなどがなく、手コキ以外全く性的サービスがありません。それ以外のプレイはオプションになるため料金が非常に安いのが特徴です。

手コキ風俗はピンサロの延長線のような感じですが、オナクラは女の子にオナニーを見せたり、下着でオナニーしたりなどより変態的な欲求を発散するための風俗店が多いです。オナクラは手コキ風俗というより、どちらかというとM性感に近いと思います。

SMクラブ

SMクラブは風俗の種類の中である意味一番有名かもしれません。普通のデリヘルサービスに加えてムチ、ロウソク、聖水、緊縛など特殊なオプションがあります。

料金は責められるコースより責めるコースのほうが高く、スカトロなど非常に特殊なプレイの場合高級ソープランドよりも高くなることもあります。

SMクラブは料金が全体的に高めであり、ソープランドと並んで金持ちが好む風俗の一種でもあります。

M性感

M性感はM男をいじめるのに特化した風俗店です。とはいえ、実際はSMの女王様のようにイジメられるのではなく、前立腺マッサージに特化したお店が多いです。

フェラなどもオプション扱いのお店もあり、どちらかというとアナル責めありの風俗エステと表現したほうが近いかもしれません。

前立腺マッサージという高度な技術を伴うため、料金は普通の風俗エステより高めです。

風俗の種類は無限大!

風俗は業種別に種類を分類すると8つに分けられます。ですが、お店によってサービス内容は異なります。特にデリヘルなどの無店舗型はオプションやお店のカラーが大きく異なります。

また、種類だけでなく、熟女系のお店やコスプレ風俗、巨乳専門店など、属性によっても種類が異なります。

このように、人間の性欲が生み出すパワーはとてつもないため、風俗の種類は無限大なのです。

 

 

このお店の口コミ総合評価
5 stars   1
100% の評価・ 1 人が投稿しました
口コミ評価: 5 100%